シミは女性の大敵ですよね。

 

肌の悩みの中でも一番悩んでいる人が多いのもシミでしょう。

 

シミの原因は色々ありますが大半は紫外線によるシミです。紫外線の刺激でメラニン色素が変色してシミになるのです。

 

紫外線対策にUVケアをしている人もいらっしゃいますが、どうしてもシミって出来てしまいますよね。今回は自宅で簡単にできるシミを消す方法をまとめました。

氷水でシミを消す

  1. 準備した氷水にコットンを付ける
  2. 氷水に着けたコットンを絞り、伸ばす
  3. シミ部分にコットンを置いてしばらく待つ
  4. コットンを取り除いて美容液を塗る
  5. 冷やしたコットンを上において3分ほど待つ

氷水の冷たさによって肌の新陳代謝が改善されてシミが段々と薄くなっていきます。

米のとぎ汁で洗顔する

米のとぎ汁だなんて汚いと思われるかもしれませんが、米のとぎ汁は古くから汚れ落とし、入浴剤として使用されていて、昔の人の知恵の一つなんです。

 

肌の古い角質を取り除いてターンオーバーを改善させる角質ケアの一つに、”ピーリング”というものがあります。米のとぎ汁には、汚れ落としとして使われていたように、肌の角質を吸着して除去する”ピーリング効果”があるんです。米のとぎ汁は物に対しても、勿論肌に対してもきれいにする力は強い!ということです。

米のとぎ汁の作り方

  1. たくさんの水でお米を洗ったら水を切ります。
  2. お米の粒同士をこすり合わせて2,3分米をとぎます。
  3. ここに水を加えてお米を洗って白く濁ったらとぎ汁を別の容器に移して完成です。

米のとぎ汁洗顔はどうやる?

  1. クレンジング、洗顔を行います。
  2. 他の容器に移した米のとぎ汁をお湯で1.5倍に薄めます。
  3. 薄めた米のとぎ汁で優しく顔を洗います。

とぎ汁で洗顔した後の肌の透明感、保湿力、弾力はすごいですよ!

お肌のターンオーバーを改善しましょう!

お肌のターンオーバーとは・・・肌の新陳代謝や肌の生まれ変わりのこと。一般的に新しい細胞が生まれてからはがれ落ちるまでの期間は28日間と言われている。

本来ならシミが出来たとしてもターンオーバーとともにおよそ28日間で無くなるものなんです。ターンオーバーで角質と一緒に肌からなくなります。

 

しかし、年をとったり、肌がダメージを受けすぎていたりするとターンオーバーで回復しない層までメラニン色素が入り込んでしまうんです。

 

ここまで落ちてきてしまったら勝手にシミが消えなくなってしまうんです。どうにかして消す必要がありますが・・・

 

美白化粧品を使ってみましょう。

 

美白化粧品を使うのが体質によって差が出にくいですし、リスクがあまりないのもメリットの一つです。シミの原因となるメラニン色素に働きかけていくものも多いんですよ!

 

ただ・・・ちょっと使ってみて、”効果がないからやめる!!”なんてことは言わないでくださいよ。お肌が完全に入れ替わるのに少なくとも28日間かかるんです。このことから考えるに2ヶ月は継続して使い続けなくてはだめではないでしょうか。

 

何の対策もしないでシミが残ったままにしておくと来年にはさらに新しいシミが増えています。すると、今のシミも余計に目立ってしまって見た目年齢が大幅にあがってしまうんです。

 

もしちゃんとしたケアをしていたら今あるシミはなくなって新しいシミも予防できますからね。

 

シミやソバカスはしわと同じくらい見た目に影響しますから今すぐに良い化粧品を使って対策していきましょう!

 

→シミに効くオススメ美白化粧品はこちら