シミやソバカスがあると老け顔に見えてしまいますよね。とはいえ、シミやソバカスって年を重ねてから出るものだと思っていませんか?しかし、若い女子の間にもシミやソバカスで悩んでいる人が少なくないんです。

 

そこで今回は、シミ、ソバカスが出来ないようシミ、ソバカス予防方法について考えてみましょう。

シミ、ソバカスはどうして出来る?

シミが出来る主な原因は紫外線です。紫外線を浴びると表皮の一番下の層にある色素の細胞、「メラノサイト」が活性化され、そこから”メラニン”という色素が出来ます。因みに、メラニンは紫外線から肌の細胞を守るために出来るもので悪いものでは無いんです。

 

通常、お肌のターンオーーバー(肌の入れ替わり)によってメラニンも排出されますが、メラニンがたくさん作られるとターンオーバーでは追いつかなくなってしまい、メラニンが表皮に残ってしまいシミになってしまうんです。

 

また、ストレスがたまるなどしてターンオーバーの周期が乱れてしまうとメラニンが排出されないので、シミが出来てしまうんです。

 

ソバカスは、シミの中でも鼻を中心に頬にあらわれる茶色い斑点のことです。ソバカスは遺伝の影響が大きいと言われています。

ソバカス・シミを予防する対策って?

  1. ビタミンCを摂取する
  2. メイク落としを丁寧に
  3. 日焼け止めでUVをカットする
  4. お肌のために22時から26時の間は寝る

1.ビタミンCを摂取する

ビタミンCは一日2000~3000mg摂取するのが良いと言われており、野菜やフルーツを多く摂取しましょう!

 

ビタミンCには美白効果、エイジングケア効果、コラーゲン生成力UP効果やストレス耐性を高める効果があると言われています。

 

ビタミンCは水に流れてしまったり、熱で壊れてしまうことが多いですから、フルーツを食べるときも長時間水に浸すのではなく、さっと水洗いして新鮮な内に食べるようにしてくださいね!これでシミやソバカスを相当予防できるはず。

 

因みに、喫煙、ストレス過多、アルコールを摂取、等の状況でビタミンCは日々消費されており、こういった習慣はお肌にはNG なんです。

2.メイク落としを丁寧に

メイクを落とすときには肌をなでるようにしましょう。強くこすることがシミの原因になっていることも!クレンジングを手のひらで伸ばしたら目元や口元から先にメイクを落としていって、最後に顔全体のメイクを落とすようにすれば肌にダメージを与えることはないでしょう。

3.日焼け止めでUVカットをする

日焼け止めを使う際に一番注意しておいて欲しいポイントが毎日使うと言うことです。

 

日焼け止めと言えば、貼るや夏というイメージをお持ちの方も多いのではないのでしょうか。

 

しかし、紫外線は季節、天候に関係なく、太陽が出ていれば地上に届いています。肌寒い季節になると日焼け止めを使わなくなってしまう人が多いですが、年間を通して使うようにしてくださいね。

 

日焼け止めは以下の手順で塗れば効果的にUVカットできますよ!

a.日焼け止めを塗る前に化粧水や美容液を肌に塗っておく

b.日焼け止めをむらがないように伸ばす

c.すりこまないようにする

日焼け止めを肌にすり込むと肌へ悪い刺激が増幅されてしまう恐れがあるため、優しく使いましょう。

d,隅々まで塗った後、もう一度同じ量を上から重ね塗りする

二回塗ることでもれがなくしっかりと塗れます。

e.2,3時間事に塗り直す

日焼け止めは汗などの水分ですぐ取れてしまいますから、油断しないように2,3時間で塗り直しましょう。

4.お肌のために22時から26時の間は寝る

お肌のターンオーバーは22時から26時の間に活発になると言われています。つまりこの時間に寝ているとお肌のダメージが回復し、シミが出来にくくなりシミの除去も活発になると言うことです。

やっちまった・・・日焼けをしてしまったら?

1.なるべくその日のうちに!美白化粧品でケアをしましょう。

日焼けが収まってきたらすぐに美白化粧品でケアをするようにしましょう。オススメのシミ予防、除去する化粧品はホワイピュアというものです。シミを除去したり予防したりするのは体の外からだけ不十分です。体の内からのケアも出来る美白化粧品を使うとますます綺麗になりますよ。

2.すぐに患部を冷やしましょう。

日焼けをやってしまったならなるべく早く患部を冷たいタオルで冷やしましょう。赤くなっているということは炎症を起こしている状況ですから、やけどをしたときのように冷やしたタオルを上から炎症が治まるまで当てましょう。